グループリーグ突破に必要なたった一つの大事なこと

つまり、2戦目の論点は、「誰がマネキックを受けるのか」ということに集約されるのだ。

ある議事録;選手名カタカナ表記審議会アイスランド語部会 露W杯対策会議

―はい、では皆様お揃いになられましたので、始めたいと思います。ご案内の通り、来月にはロシアワールドカップが始まるわけですけれども、それに際しまして、カタカナ表記についての統一方針を固めるということで、本日の会議で決定致しました案を、来週頭に…

ワールドカップについて

2018/5/31 2018年の新語法 fujiriko59.hatenablog.com 昨日の試合をやって選手も監督もみんな本番が楽しみでしょうがないと思うし自信も付いたと思う。しかも全く期待されてないので見返してやろうという力も働く。とてもいい感じの流れだ — meu (@meumeu69)…

2017/18 マンチェスター・シティ シーズンレビュー個人編(後編)

FW 7 ラヒーム・スターリング Raheem STERLING 昨年の秋、私はスターリングについてこう書いた。「現状から一皮剥けるには、とにかく点を取ること。そうすれば、ロッベンとは言わずとも、ペドロくらいの評価は得られる」と。今シーズンは全コンペティション…

2017/18 マンチェスター・シティ シーズンレビュー個人編(中編)

MF 18 フェイビアン・デルフ Fabian DELPH*** うちのアラバです。 というスターリン的アネクドートの一つも飛ばしたくなるくらいの華麗なコンバート成功。開幕前はストークに移籍寸前だった忘れられし男が、左サイドバックで復活し、メンディの穴を埋めて余…

2017/18 マンチェスター・シティ シーズンレビュー個人編(前編)

GK 1 クラウディオ・ブラボ Claudio BRAVO 昨シーズンの惨状はやはりイップス。今シーズンはカップ戦のみの担当ながら、至近距離のシュートもバシバシ止めまくっており、これこそ我々が求めたブラボだったのだという姿を見せてくれた。リーグカップ優勝のMVP…

ヴェンゲル、あるいは移籍の舞台裏

「やあ」 「やあ。君は誰だ?」 「誰でもいいさ。少し話があるんだよ」 「私には無いね。悪戯なら切るぞ」 「今から練習かい?」 「そうだ。もう切るぞ。今日は怪我人が帰ってくるんでね」 「こないよ」 「何だって?」 「あんたの大事なディアビのことを言…

Moneyの先に

ぇ、優勝した(ワラ 高校の同級生の女っぽく始めてみましたが、いかがでしょうか。なんだか、我慢してたのに漏らしちゃいましたみたいなまんゆの敗戦で、4年ぶりの優勝。宜しいことだ。クリスマスの時点で決まってた、とライバルチームのファンが漏らすほど()…

日本のやり方

4月、日本、東京にて 日本サッカー協会のT会長(60)が9日、都内のJFAハウスで会見を開き、日本代表のV.監督の解任を正式に発表した。今後に目指すべき日本のサッカー像について「しっかりとしたボールをつないでいくこと」と語ったが、具体的な戦術に…

CL リヴァプール戦惨敗について

しっちゃかめっちゃかに忙しいため、リアルタイムでは観戦しませんでしたけれども。朝起きて、スマホでBBC Footballを開いて、薄目で「あー怖い。怖い怖い。怖い~」と思いながら待っていたら最初に飛び込んできたのが「Hammered」という単語でお察し。 結局…

2017年末 マンチェスター・シティに関する面白かった記事シリーズ

明けましておめでとうございます。 この細々としたブログは今年も細々と続ける予定ですが、書いている人が今年相当に時間を割いて勉強しなければいけないイベントがあるため、頻度は落ちるかも。自転車も見たいんだけど、難しい。 先日紹介した、CFGのグロー…

2017/18 マンチェスター・シティ 中間レビュー個人編(後編)

FW 7 ラヒーム・スターリング Raheem STERLING*** スターリングの話を真面目にするのは、結構しんどい。というのも、ピッチの中だけの話をするのは、スターリングという個人が直面している状況、問題について、上っ面を撫でるだけになるからだ。批判をピッチ…

2017/18 マンチェスター・シティ 中間レビュー個人編(中編)

42 ヤヤ・トゥレ Yaya TOURÉ シティ3賢者の一人。昨シーズン終盤は半レギュラーに舞い戻っていたが、ジーニョの復活でベンチへ。リーグでは殆ど使われず、専ら国内カップ戦要員化している。本格的に身体が動かなくなり、完全に過去の人状態。腐ってもヤヤ・…

2017/18 マンチェスター・シティ 中間レビュー個人編(前編)

GK 1 クラウディオ・ブラボ Claudio BRAVO 君は一人じゃない。一人じゃないぞ。どこかのクラブのモットーのようだが、まあこのモットーも一人のものじゃないのだ。昨シーズン、ゴール前の自動ドアとしてありとあらゆる批判に晒されていたチリ代表の守護神が…

CFGが目指す世界支配(3/3) Guardianの記事訳

下の記事の翻訳 その3 www.theguardian.com ペップ・グアルディオラの登用は、常にソリアーノの壮大な構想の中にあった。実現には時間と忍耐がかかったが。(中略)グアルディオラは一度は「来年行く」と言ったが、次の年には「すまない、バイエルンに行くよ…

CFGが目指す世界支配(2/3) Guardianの記事訳

下の記事の翻訳 その2 www.theguardian.com この3月に初めてエティハド・キャンパスを訪問したとき、受付デスクの後ろの壁にはシティ、NYCFCに加えてもう2つのクラブの紋章が掲げられていた。メルボルン・シティと、CFGが少数株主である日本の横浜F・マリノ…

CFGが目指す世界支配(1/3) Guardianの記事訳

(The Guardianの記事が面白かったので翻訳した) www.theguardian.com サッカーはすでに巨額の金によって変貌を遂げてきた。しかし、マンチェスター・シティの背後にいるビジネスマンは、業界を永久に変えるグローバルな企業体を構築しようとしている。(By …

2016/17 マンチェスター・シティの振り返り, part2:ほぼ私信編

アトさんの「ペップと"常識"の狭間で ~16/17ペップ・シティの1年」に対するアンサー。 atlanta.blog24.fc2.com atlanta.blog24.fc2.com 就任当初について ちなみにペップが一年目のプレミア&シティで華々しい/圧倒的な成功を収めるイメージは最初から持…

2016/17 マンチェスター・シティの振り返り, part1: 総評編

プレミアリーグの笑えるところは、上位6クラブのファンの大半が、自分が好きなクラブは選手層が薄く、今まさに改革の途上にあるか、今後大きな強化が必要であり、よって優勝の最有力候補ではないと思っていることだ。傷つきたくない私たちの、鉄壁の守り。セ…

モーリス・ロス: 2人の孤独なイズミット

ロスという選手について 2000年代初頭、まだレンジャーズが強かった頃、モーリス・ロスという選手がいた。ロスは細身のDFで、CBと右サイドバックをやっていた。もうはっきりとは覚えていないが、身軽で、知的で、細身だがタックルも強く、それなりにスピード…

プレミアリーグ チェルシー戦@スタンフォード・ブリッジに関するメモ -全てが嘘になる-

Stats 出所)WhoScored.com https://www.whoscored.com/Matches/1190253/Live/England-Premier-League-2017-2018-Chelsea-Manchester-City (埋め込み画像にできない!) 前半はボールを支配しつつ、モラタ、アザールから危険な場面も発生する、緊迫感のある…

CL グループリーグ シャフタール・ドネツク戦に関するメモ

www.mcfcwatch.com www.theguardian.com www.tacticas-magicas.com 4-1-4-1でジェズスとアグエロを併用。 基本的なゲームプランは、シャフタールにボールを保持させないこと。そのために、GKまでを射程にした前線からのプレッシングと、高い位置でのネガトラ…

2017/18 マンチェスター・シティ 選手名鑑(ローン放出組編)

GK ジョー・ハート Joe HART ゴールデングラブ賞4回、かつての正GKはウェストハムへ。未だ完全移籍化しないのは、給料に折り合いがつかないからかも知れない。彼ほどシティに貢献した選手でも、理不尽な誹謗中傷を受けたりするというのは、残念の極み。 アン…

2017/18 マンチェスター・シティ 選手名鑑(トップチーム+α編その2)

MF 8 イルカイ・ギュンドアン İlkay GÜNDOĞAN 派手にやられたって心は折れないの。例えクラウディオ・ヤコブだって俺から勝利は奪えないの。そんな視野の広さ インテンシティ ボディバランス フットワークばっちりなサッカーグラップラー。昨年12月の大怪我…

2017/18 マンチェスター・シティ 選手名鑑(トップチーム+α編その1)

GK 1 クラウディオ・ブラボ Claudio BRAVO ほら、イップスって言ったでしょ?というのはコパ・アメリカ限りの印象で、未だシティでは汚名を返上する機会を得ていない、昨シーズンの歩く大災害。今年はエデルソンの獲得で控え降格。W杯の準備としては大変そう…

シティの財務状況、あるいはFFPとの再会について

そんなに使って大丈夫か。 という指摘が、この夏のマンチェスター・シティに寄せられている主な指摘の一つであるが、それも致し方あるまい。何せひと夏で£200m使ったのは、プレミアリーグ(以下EPL)のクラブでは史上初である。一部で報道された「2009年のレ…

2016/17 マンチェスター・シティ 選手別レビュウ vol.2

GK ウィリー・カバジェロ 「物乞いだったこともあれば 王様だったこともある 俺は最高じゃあないが 決して最悪というわけじゃない」とはAviciiの歌にあった気がするが、去年のリーグカップ決勝でPKに目覚めてからのウィリーは、だいたいいつもそんな感じなの…

2016/17 マンチェスター・シティ 選手別レビュウ vol.1

DMF/CMF フェルナンジーニョ 『彼は10のポジションに対応できるね』というグアルディオラの言葉通り、前半戦は主にアンカーとして、後半戦は主に両サイドバックや2センターの片方として稼動。自身の強みを活かすためというよりは、どちらも適任者がいなかっ…

マンチェスター・シティの16/17シーズン 中間まとめ

以下、『サッカーの面白い戦術分析を心がけます』さん、@500zooさん、@yuukikouheiさん、@tkq12さんを一部引用しております。 -まずグアルディオラ政権下でのシティの戦いぶりについて、簡単に 「就任自体にも、ピッチ内での戦いぶりについても、基本的には…

2016/17 マンチェスター・シティ 選手名鑑(レンタル放出組編)

- Joe Hart ジョー・ハート GK 29歳 ここに全部書きました。 20 Eliaquim Mangala エリアキム・マンガラ CB 25歳 バレンシアに(どうやら2年間)ローンで放出。ペップの構想には恐らく端から入っておらず、今後シティに戻る可能性は限りなく低いであろう。ジ…