スター去る:リロイ・ザネー移籍に関する雑感

バイエルン移籍、ついに決定。この件は、色々な角度から振り返ることができる。 第一に、首脳陣・選手・OBが総出で「来てほしいね。来ると思うよ。え、ペップが何か言ってる?彼は自分が何言ってるかわかってないんじゃないの笑」みたいな態度を取り続けるバ…

世界しっちゃかめっちゃか編成の旅

むやみに多い登録人数、聞いたことのない若手、謎のギリシャ人。そういう、完全にしっちゃかめっちゃかになってしまったチーム編成が、たしかにこの世には存在する。今回はしっちゃかめっちゃか編成愛好家の私が、皆さんを世界のしっちゃかめっちゃか編成を…

フィナンシャル・フェア・プレイはフェアじゃない

もはやそれどころではなくなってしまったが、コロナ以前、マンチェスター・シティがUEFAから2年間の欧州コンペティション出場停止処分を受け、CASに提訴するという事件があった。その原因となったフィナンシャル・フェア・プレイ(FFP)のブレークイーブンル…

#僕の私のドリームチーム 素材本位のイングランド代表  

みんな、堕ちた天才の話は好きか? そうか、先生も大好きだ。ネスタと財前の話なんか聞くとワクワクするよな?よーし、じゃあ今日は一つ、「ポテンシャルをフルに発揮していたらすごかったはずのイングランド代表」を選んでみようじゃないか。 (まあこの人…

時間がない人のための「シティは何の件で糾弾されているのか」

まとめ なぜ?:①アブダビ関連企業からのスポンサー契約をバックデートして締結し、2012/13シーズンに(ブレイクイーブンルールに抵触する水準の)損失が発生しないようにした疑い。②更に遡って、2010年の契約で、アブダビ関連企業からの契約のうち、額面の…

サッカークラブはどの程度なら立ち直れるのか

マンチェスター・シティ、2年間の欧州コンペティション出場停止と罰金。 www.theguardian.com なぜこういうことになったのか、という点についてはこちらの過去記事を見てほしい。マンチェスター・シティにはCASへの上告余地があるので、来季からすぐに出場停…

欧州サッカー界における格差の拡大;格差のどこを批判するべきか

一握りのビッグクラブに金と注目が集まる傾向が進みつつある。リヴァプール、バルセロナ、マンチェスター・シティといったクラブはマーケティングとファンエンゲージメントの技術を駆使して年々新たな「価値提供」(金儲けのことをオブラートに包みたいとき…

プレミアトップ6の10年間を振り返ろう:なぜマンU・アーセナルが沈み、シティ・リバポ・トテナムが台頭したのか

色々ありましたね2010年代。リーガ・エスパニョーラとの売上高の差は今や2,400億円。プレミアリーグにとっては、サッカー観戦市場のグローバル化がもたらす恩恵を最大限に受けた10年間であった。 欧州5大リーグの売上高推移(百万ユーロ) さて、10年間の間…

2018/19 マンチェスター・シティ シーズンレビュー個人編(後編)

MF 18 フェイビアン・デルフ Fabian DELPH*** アラバモード、終~了~。2シーズン保たせるのは難しかったですね。もともと相手を同一視野に置くのが苦手で、DFとしてのポジショニングも良くない、ということに加えて、身体のコーディネーションがガチャガチ…

2018/19 マンチェスター・シティ シーズンレビュー個人編(前編)

GK 1 クラウディオ・ブラボ Claudio BRAVO アキレス腱を切ったとかで、シーズン全休。話のしようがなくて申し訳ない。最初のシーズンはその余りにイージーな守りで笑いものになってしまったが、控えとしてはやっぱりチリ代表119キャップの男は頼りになるので…

今年のシティ総括、そしてFFPの件はアリかナシか マンチェスター・シティ2018/19シーズンレビュウ(改訂版)

※読み返したら、あんまり面白くなかったので書き足しました。消すのもしょっぱいので残しておくけど。 日曜日は飲むためにある。そういう訳で、夕方からカンパリで酔っ払っていた2018/19シーズンのプレミアリーグ最終日は、優勝という最高の結果で終わった(…

(没にしました)マンチェスター・シティ:2018/19簡易レビュウ

日曜日は飲むためにある。そういう訳で、夕方からカンパリで酔っ払っていた2018/19シーズンのプレミアリーグ最終日は、優勝という最高の結果で終わった(夏はカンパリがうまいからいいですよね)。10年間で4度目の優勝。素晴らしい。ジョン・マッケンに僅か…

実況!パワフルプレミアリーグ

テッテッテッテーレッ テーレッテレ テテレテーレッテー

告知

www.footballista.jp 現在発売中の月間フットボリスタ 2019年3月号に、マンチェスター・シティの経営戦略分析を寄稿しました。 『マンチェスター・シティ サッカークラブ運営の常識を変える、シティの壮大なマスタープラン』です。

それもまた一つの愛

たまにTwitterを除くと興味深いものを見る。例えば、非常に倒錯した愛。 この辺は人それぞれ見方があるかもしれないが・・・ ――そこへフェチュコーフがすすり泣きながら、バラックへ入ってきた。背中をまるめ、口のまわりにはべっとりと血がついている。どう…

板倉滉の移籍はシティ的にはどういう扱いなのか

板倉滉、衝撃のマンチェスター・シティ移籍。 と、呼び捨てにしてはみたが、正直に言えば名前すら知らなかった。ただ、この動画を見る限り期待の持てそうな選手ではある。この弾道。パッと見でわかる「この人はプロなんだな」感。サッカーをやっているからに…

【悲報】バンジャマン・メンディ氏、やらかす

Tremendous error from Benjamin Mendy. pic.twitter.com/txPnyulyYZ — Daniel Storey (@danielstorey85) January 4, 2019

この世界の片隅で

bleacherreport.com 一方その頃、Twitterの片隅では・・・・ ポグバも、ディマリアも、ザハも、ファルカオも、デパイも、ムヒタリアンも、サンチェスも、香川も、シュバイニーも、マティッチも、潰れてしまった。ただ…マ ン U に 行 っ た だ け な の に — …

【検証】何人の選手でプレミアリーグ全チーム所属は達成できるのか

note.mu これの筆者から「プレミアでヤッてよ」と、人気声優のリアル彼氏みたいなことを言われたので、やってみた。 ※現役選手縛りだと苦しいが、2000年代に戻るのもダルいので、“2015年(3年前)までは現役“だった人に絞ってみました。まあ1人以外は全員現…

マンチェスター・シティと疑惑のEメール(1)

切り札は取っておくものよ オリンパス事件って覚えてる?2011年に、FACTAっていう雑誌と、オリンパスの社長職を解任されたばかりのマイケル・ウッドワードっていうイギリス人が起こした告発やね。医療機器やカメラみたいな光学機器メーカーとして有名な、あ…

UEFA、シティ、FFPーDer Spiegelの暴露記事は何の話をしているのか

飛行機から降りたら、朝からエラいニュースになってたね。 『マン・シティとパリSG;オイルマネーは如何にしてサッカー界を捻じ曲げたのか』という御大層なタイトルを引っさげて登場したのは、ドイツの雑誌Der Spiegel。Football Leaksっていう、WikiLeaksの…

国際政治に影響されるサッカー界

※「タイトル、地政学じゃなくて国際関係じゃね」ってコメントがついていて、確かにと思いました。タイトルおかしいね。私、Political ScienceのBAのはずなのに・・・→情けなかったのでタイトル変えました。 サウジ、孫正義、クラブW杯、マンチェスター・ユナ…

FFPの改訂でむしろシティの投資は加速する説

www.dailymail.co.uk 5月、UEFAのエグゼクティブ・コミッティで、Financial Fair Play(通称FFP)の改訂議案が発議された。が、Mailのマーティン・サミュエル曰く、FFP2.0と称されるそれは、「現行案と等しくゴミ」だという。曰く、 既存のエリートが、新た…

マンチェスター・シティの決算が好調な件について

リヴァプール戦はどうでしたか。私は緊張で吐きそうだったが。まあ試合の結果というのは日々移ろうもので、一喜一憂はサッカーファンの醍醐味といえど、執着しすぎるとろくなことがない。そんなときに我々の拠り所となるのは何か?そう、決算ですね。良かれ…

プレミアリーグファンなので

www.goal.com web.gekisaka.jp ビタイチ興奮しません。

マンチェスター・シティのファンでもよく分からないシティ関係者名鑑

景気いいですよね、ヴィッセル。職場も、友人も、まあイニエスタイニエスタ。シティも「シティが成功するか否かが、プレミアリーグがこの先やっていけるかの分水嶺」とか言われてみたいラジよね。やってることは似たようなもんなんだけど。 まあいい。ヴィッ…

マンチェスター・シティがよく分からない人向けの2018/19選手名鑑 (後編)

MF 18 フェイビアン・デルフ Fabian DELPH*** 左利きの守備的MF。シティに加入して2年、去年の夏まではさっぱり存在感がなかったが、メンディ不在で左サイドバックにコンバートされ、一気にレギュラー格まで昇格した。 もともとキープ力には定評があったが、…

マンチェスター・シティがよく分からない人向けの2018/19選手名鑑 (前編)

W杯どうでしたか。楽しかったですか。私は全く見れませんでしたが。とは言え、会社に海外サッカーファンが思いの外多いこともわかったし、その殆どがマンチェスター・シティについてよく知らないということもよくわかった。強いとか何とか言うことは聞いてい…

石油王の憂鬱

マンチェスター・シティが苦しんでいる。2017年夏のダニ・アウベス、2018年1月のアレクシス・サンチェス、フレッヂに続き、2018年夏の移籍市場では、口頭合意に達したジョルジーニョを取り逃した。いずれのケースも、相対的には信憑性が高い複数のメディアが…

ロシアW杯はこうすべきだったプラン

結局仲良しジャパンで頑張るなら、いっそ本当にホドルで行ってほしかったよな。 www.nikkei.com www.theguardian.com ケイスケホンダ vs 霊媒師おばさん、めちゃめちゃ見たかったが。